若旦那の簡単レシピ ~recipe~

■当店でも大好評♪ アサリの炊込みご飯
天草四郎メモリアルホール
1. あさりはよく洗い、水(5):あさり(1)、出し昆布を鍋に入れ、火にかける。
2. 沸騰の直前昆布を取り出し、火を止め、開いたあさりの身だけを別の容器に移して殻をはずしておく。
3. 炊き込みご飯の分量は、だしが10:お酒1:薄口醤油1が基本ですが、あさりの出汁量により、貝の塩分、うまみがありますので、私は醤油を 少なくしてみりんで味を整えています。(酒、本みりんは必ず煮切ってください。料理酒風、みりん風は、塩分を含みますので、煮切る必要はありませんが、基本の分量が違ってきます。)
4. 食べる分量の米をとぎ、金ザル(プラスティックのザルは目に米が入って困るんです。)にあげて30分以上放置する。
5. ご飯は米の1, 2倍から1,5倍の調味しただしを入れ炊く。 あさりの身は最後に入れてください。
簡単土鍋での炊き方
上記の手順で土鍋に入れ強火で炊き、ぷしゅーっと吹いてくる直前でだしがもれない程度の弱火で10分から15分、少し焦げたようなにおいがしてきますので、火を止めて10分程度蒸らしてできあがりです。

■魚の種類で味も変わる♪ 白身魚のお吸い物
当旅館では「本日のお吸い物」として出しています。鯛、すずき、平目、チヌ(黒鯛)など、その日の白身で味がまったく違います。
1. その日に取れた白身のお魚の骨は、塩を振ってくさみを取る。 (1時間程度そのまま放置)
2. 塩を洗い流し、よくふき取って、遠火で焦げないように焼き台で焼く。
3. かつおと昆布のお出汁に煮切り酒を入れて焼いた骨を入れ、 じっくりエキスを出すイメージで煮る。
4. 薄口しょうゆ、塩、で味を整える。
5. カッペリーニ(バリラ社)を茹で、ねぎなどお好みの薬味を入れていただきます

■サクサク感がやみつきに♪ 赤山えびのかき揚げ
1. 玉ねぎを太めの千切りにして、頭を取った赤山えびと混ぜてかき揚げにします。岩塩をかけていただきます。